銀行からお金を借りるには大まかに5つの条件・2つの借り方があります

まず、銀行からお金を借りる場合の条件は、住所が日本国内であること・20歳~60歳まで・収入が安定して継続してあること・融資を受ける際に保証会社の保証の受けられる人、この5つが大まかな条件です。
しかし、4つ目の項目の場合、継続収入は見込みでも構いません。
さて、銀行から融資を受ける場合、前述以外の審査項目はないのです。
これは、以前と比較するとかなり柔軟となってます。
しかし、その柔軟度も融資を受ける金融商品に因って、変わるのです。
例えば大口の融資となると、審査の時間が長くなります。
審査も、金額へ因って厳しくもなるのです。
ですが、融資を受けたお金の使途自由な、カードローンという金融商品もあります。
この融資を受ける方法であれば、年齢・収入の面が審査基準を満たしてる場合、お金を借り入れることができるのです。
そのため、お金借りる場合はその利用金額・お金を都合しなければならない期限から、前述の2つのいずれかの借り方を選べます。
一般的には、銀行からお金を借りるには面倒・審査が厳しいというイメージがありますが、カードローンであれば充分に利用できるようにされているのです。
お金を都合しなければならない時に時間的な余裕があるのであれば、金利が非常に低い設定なので、利用申請をしてみて下さい。
尚、最近では急場へ対応できるカードローンもあります。
いろいろな種類のローンが揃えられ始めてるので、問い合わせてみて下さい。

戦後の歴史で第1号の銀行免許を取得したジャパンネット銀行

1990年代後半に行われたビッグバン、金融の自由化により数多くのネット銀行と呼ばれる新しい銀行が生まれました。 そのネット銀行の先駆け的存在として、我が国初の完全ネット型銀行として誕生したのがジャパンネット銀行です。 2000年に三井銀行や住友銀行、NTT東日本、東京電力などの出資の元に、誕生しました。 日本銀行業の歴史の中で、戦後(1945年)以降に銀行法第四条による普通銀行免許を新たに取得して発足した銀行はなく、新しいといわれたすべての銀行が前身の銀行を買収や吸収などにより免許を引き継いだものでしたが、ジャパンネット銀行は戦後の新規免許取得第1号の銀行です。 サービスはインターネットを利用したショッピング、株式やFX、金取引などの金融投資商品の決済のほか、これまで旧第一勧銀(現みずほ銀行)が独占していた宝くじ販売業務の取り扱いや、競馬・競輪・競艇などの公営ギャンブルの決済代行がメインです。 そのため、2006年には大手ショッピング・オークションサイトの某携帯電話プロバイダ系の会社も資本参入しました。 特にFXにおいては、顧客とFX証券会社間の決済仲介だけでなく、独自のFX商品開発にも注力しています。 また、信託業務代行も行っており、NISA口座経由も含めた国内外の投信会社が発行する投資信託の販売代行も開始しました。 さらに2010年にはVISAとタイアップした自行の預金から引き落とすデビットカードも発行しています。 銀行からお金を借りたい時にご利用になってはいかがでしょうか?

line